人生迷子ブログ

生きるのつら太郎が人生に迷い、悩みながらもHAPPYになる道をさがすブログなのです!

孤独死もアリかもしれない。

「詰まるかもしれないから、危険ですね(^^;;」

高齢者(や、そのご家族)に食べ物の相談をされた時に、老人ホームで看護師をしていた私は、よくNGを出していました。

 

わかりやすい例を出すなら、お餅。毎年おじいちゃんおばあちゃんが、お餅を詰まらせて亡くなっている。こんなニュースを聞いたこと、誰もがあるんじゃないでしょうか。

 

私は基本的に、人生の最後の方でアレは食べちゃだめ、これはやっちゃダメ、なんて言われたくもないし、本当だったら言いたくもありません。でも、看護師をしていると、どうしてもダメって言わなきゃいけなかったりします(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

例えばパンをおばあちゃんが食べたがっていても、ご家族が「絶対ダメ!詰まったらどうするの」と言っていたら、NGを出さざるを得ません。だってそれで詰まってしまったら吸引したり、対応するの看護師だし、絶対助けられる保証もないし、責任問題になるから(´;ω;`)

 

だから、長湯が好きなお年寄りにも、「お風呂でのぼせたら大変だから手短かに」等とつい言ってしまいます♨️

っていうか、生活全般、守りに入っちゃうんだよね。歩く事はいい事だけど、それで転んで怪我でもしたら…と思うと「まあ、どうぞおかけになって」ってすぐ座って貰っちゃったり。老人ホームあるあるだとは思うんですが。

 

でも、そんな高齢者をみていると思うんです。家族が心配してくれて老人ホームに入居する人は多いけど、本当は多少不自由でも自分で動けるならば、自分の家で最後まで過ごせた方がいいのでは?と。

 

それで最期、孤独死してしまったとしても、それって最期まで自分の意思で選択して、動いて、好きなものを食べて生きたって事じゃないのかなぁって。

 

そう考えると、孤独死って必要以上に恐れる事ではないんじゃないかな…ただ、全国の大家さんたちが困るから…例えば一箇所から15時間動かなかったら親族に通知がいくセンサーとか、そういうシステムなんかが普及して、悲しむ人が減るといいなと思います。

 

私も、お嫁に行ってないし、最期ソロで離陸かなぁ〜・:*+.\*1/.:+

 

 

 

 

*1: °ω°